Uncategorized

ポーカープレイヤー撮影における技術面のヒント

最大配当51,840倍のビッグウィンが可能なビデオスロットのヘルカトラズ(Hellcatraz)完全レビュー!

安全な環境のもと完全に動きを止めて、カードゲームをプレーしている人の写真を撮影するのは朝飯前のように聞こえます。これにもかかわらず、インターネット上には何千もの粗悪なポーカー写真が出回っています。良い写真もある一方で、それ以外の写真は粗悪ですが、そこから学べる点はいくつかあります。私たちは、ポーカー撮影を始めたばかりの皆さまにアドバイスを提供するのに、今が最適なタイミングだと考えました。

今日の写真家はポーカーテーブルの緊張感を捉えるために独特の視点を用います。ここで創造的なポーカー撮影を行う方法を習得しましょう。

素晴らしいポーカー撮影のコツ

  1. 採光が全て

ポーカーの写真家にとって、光効率の低さが粗悪な写真の主な要因と考えられます。

この理由は何でしょうか?これには何通りかの解釈が可能です。1つ目に、あまり照明が明るくないポーカールームがたくさんあることが挙げられます。2つ目として、ポーカーのトーナメントではフラッシュ撮影が許可されていないため、フィル・フラッシュ、ストロボ、もしくはその他のフラッシュ機材を使用することができません。しかし、トーナメント後の勝者撮影ではそれらを使用することができるのです。

ここから分かることは、カメラのISOを高くし、F値2.8以下のレンズを使用するのが理想的であるということです。

  • ポーカー撮影におけるカメラ調整

カメラによって設定が異なることがあるため、ここでは基本事項のみを取り上げます。

ISOは光の感度を意味し、ほとんどのポーカールームにおいて写真を撮るにはISOを上げて撮影する必要があります。現代のSLRカメラのほとんどは1,000 ISOを優に超えて設定できます。

口径: 初心者は、できる限りたくさん光を取り入れようとします。次に、ショットを動的に捉えるために、背景をきれいにぼかしたいと思うようになるのです。この場合、F/2.8以下が適しています。数値が低いほど明るさが増します。ポーカーに最適な範囲はF/1.8-F/2.8です。F/4.5以上の場合は、ピンボケしやすくなります。

シャッター速度: 空中を舞うカードを捉えようと考えていない限り、これに関してはあまり気にする必要はありません。ほとんどのプレイヤーは静かで動的ではないため、光の当たり方の方が気になるところでしょう。

ホワイトバランス: これに関しては自動設定し、うまく撮れることを期待してもよいのですが、私たちの経験上、ほとんどのポーカールームはタングステン照明を使用しているため、暖かみが強すぎることが多いのです。

  • ポーカールームでの写真撮影

国によってポーカールームの仕様は大きく異なります。明るい照明で魅力的な背景の部屋もあれば、薄暗い地下室のような部屋もあります。環境に応じて対応する外ないのです。

トーナメント会場にテレビ撮影のセットがある場合は写真撮影に利用するべきです。そのプロ仕様の照明と情景豊かな背景によって、良い写真が撮れるに違いありません。

  • ポーカートーナメント撮影に適しているカメラとは?

現在、主に2つの選択肢が挙げられます。ミラーレスもしくは標準DSLRです。

標準DSLR: これにはCanonやNikonの重量モデルが含まれ、これらはプロの写真家のほとんどが使用しているもので、無類のレンズ範囲があります。

ミラーレスDSLR: ミラーレスカメラはいくつかの際立った特徴により、近年注目を集めています。このタイプのカメラが写真撮影の将来を担うと考えるカメラ愛好家もいます。

ポーカー撮影においてレンズは重要です。低い光効率の中では高速レンズが必要です。私たちの経験上、F/2.8以下のレンズが最適だと考えます。F/4.0のレンズは必要ありません。

24mmや50mmのような短い焦点距離のレンズによって部屋全体を一度に撮影することができる一方で、70-200mmの望遠ズームレンズによって近接写真を撮ることができます。